上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

萩城址 指月山


萩城の天守があった裏山にも萩城の詰丸としての遺構があるというので登ってみた。

写真では標高143mの優しそうな雰囲気だったが・・・

DSCF2778.jpg 

所要時間20分となっていたが、急な坂道で足を止めること数回で息も切れるし、久しぶりの運動となった。山頂には塀が残っていて、大きな石には加工するための石のみの跡が残っていた。

DSCF2701.jpg 

DSCF2707_2018030418500132d.jpg 

大きな貯水池が二か所あり籠城の備えもしっかりしていた。

DSCF2708.jpg 


スポンサーサイト
[ 2018/03/04 18:50 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

萩城址 山口県



毛利元就の孫である毛利輝元が築城したもので、三方を海に囲まれた平城である。それだけではなく裏山の指月山の山頂には、詰め城という山城も備えられていた。

DSCF2658.jpg 

複雑に張り巡らされた堀と、長い石垣と大きな石材が目についた。

DSCF2674.jpg 

中央が天守があったところです。

DSCF2687.jpg 

DSCF2672.jpg 


[ 2018/03/03 17:23 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

鬼ノ城址 岡山県


総社市にある古代山城跡だ!しかし築城年代もよくわからず謎に包まれた存在のようだ。

DSCF5929.jpg 

その昔、唐・新羅の連合軍が攻めてくるのを防御するためとの説もある。

DSCF5932.jpg 

眼下には総社平野・岡山平野西部・岡山市街が広がっている。

DSCF5923_20180302172917ea0.jpg 

城壁を保護するための敷石は国内初の発見だそうだ。

DSCF5939.jpg 


[ 2018/03/02 17:31 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

米子城址 鳥取県


これは8年前の四月の写真であるが、この日までは米子にこんな立派なお城があったことは知らなかった。

米子市の中心地にあり標高90mの湊山に位置し、山陰地方でいち早く築かれた近世城郭だそうだ。

IMG_0104.jpg 

IMG_0141.jpg 

360度の見晴らしが楽しめた。


IMG_0146.jpg 

大天守跡には礎石が並んでいたが、明治の取り壊しては「米子城取り壊し秘話」として二束三文で売られ、風呂の薪になったと語られていたようだ。


IMG_0132.jpg 


[ 2018/03/01 19:38 ] 城址 | TB(-) | CM(2)

松江城内部


付け櫓から中に入ると立派な井戸が残っている! 現存天守の内部に井戸があるのはここだけとか!

IMG_8502_201802211900178e3.jpg 

急な階段に使われているのは桐材だ! そして大きな柱は寄木柱と言って、柱の周りを板で囲いかすがいで留めて強度を保っている。

IMG_6114_201802211903551e2.jpg 

沢山の材木が使われています。

IMG_6105.jpg 

天守最上階は思いのほか広くて360度の眺望がきき、夏にはいい風が通っていた。

IMG_8547_20180221190819df7.jpg 

2010年2月撮影



[ 2018/02/21 19:09 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

国宝 松江城


以前もアップしましたが島根の城と言えばこれに勝るものはありません。

IMG_9907.jpg 

高いところから見れば、水の都松江の雰囲気がよくわかります。

IMG_6118.jpg 

堀をぐるりと回る 堀川遊覧も人気です!

IMG_9909.jpg 

高い石垣と古い松の木が歴史を感じさせてくれています。

IMG_6133_201802191934547c3.jpg 

2011年8月に訪れた時のものです。


[ 2018/02/19 19:40 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

石見の国 二ツ山城跡


広島県との県境近くにあるこの山城は、標高531mの尾根に築かれていて

石見の国の資料で見る限り益田市の七尾城に次ぐ古さであり、山城としての規模も大きなものだ。

IMG_7002.jpg 

今は公園として整備されていて近くには駐車場も設置されていた。

IMG_6985.jpg 

IMG_6994.jpg 

IMG_6970.jpg 

石見の国の山城跡はまだまだ沢山あるものの、代り映えのしない写真ばかりなのでこれで終わります。


[ 2018/02/16 17:03 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

石見の国 松山城跡


地元にある標高145mの場所にある山城跡だ! 南北朝時代に築かれて元就に攻められて落城したとか・・・

当初は案内板なども整備されていたようだが、維持管理も大変そうだ。

石見 松山城 (4)  

合戦が有ったのでこんな立て札も・・・

石見 松山城 (2) 

藪をかき分けて入った先には塚があり、後日訪れた時には線香の跡があった。

石見 松山城 (3) 

古井戸などもあり、探索してみるには興味深い場所だった。

石見 松山城 (1) 



[ 2018/02/15 19:52 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

鳶巣城跡 浜田市


今日も過去の写真から・・・

近辺の地図に載っている山城跡めぐりだが、この場所のように主郭跡が何処か分からない所が多いものだ。

鳶巣城 (1) 

途中には何段もの曲輪跡や堀切のようなものがあり、畑でも無さそうな場所に水ガメが残っていた。

鳶巣城 (2) 

鳶巣城 (4) 

主郭跡らしいところはあったが杉林になっていて、全体像は分からなかった。

鳶巣城 (3) 


[ 2018/02/14 17:42 ] 城址 | TB(-) | CM(2)

針藻城跡 浜田市


海抜51mの丘上の場所にあるが、南北朝時代には島であったと書いたものもあるようだ。

今は針藻山公園として地域の憩いの場となっている。

20150203 (1) 

20150203 (3) 

20150203 (2) 

2015年2月3日撮影 三年前には菜の花が咲いていたようです!

20150203 (4) 



[ 2018/02/11 16:58 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

石見城跡 石見銀山エリア


石見銀山に行く途中に見える岩山の印象が強いが、バイパスの入り口から見える山はお結び型の山だ。

1503251.jpg 

1503271.jpg 

登山道は切れ切れになっていて、薄暗い道にはイノシシの糞が点在していた。

頂上の主郭跡には古びた立て札かあるのを見つけ、たどり着いたことにほっとした。

1503230.jpg 

1503226.jpg 

こんな所に足を運ぶ人は物好きな人だと思った。


[ 2018/02/03 17:29 ] 城址 | TB(-) | CM(2)

本明城跡 江津市


寒い日が続き過去画像から・・・

標高やく400mにある山城後で本丸があった場所には、金毘羅神社や権現社が祀られていて

途中には不動尊堂や鳥居があり、見るところの多い場所だった。

IMG_6305.jpg 

IMG_6362.jpg 

IMG_6352.jpg 

IMG_6336.jpg 

地元に居ながらこれほどの場所があるとは知らなかったが、思った以上に道のりが有って気軽に登る気にはなれなかった。


[ 2018/01/29 21:03 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

物不言城跡 (ものいわずじょう) 別名福光城 大田市


標高約100mの山尾根に残る山城跡だ。地元の人の手入れで案内板や標識があり、途中には番所跡や大きな石仏が有ったり馬洗い池などもあり、なかなか楽しい場所だった・・・・


 (2) 

IMG6032.jpg 

 (1)  

麓のお寺には「鳥取城の渇殺し」と言われた羽柴秀吉の攻めに、責任をとって切腹して開城した話で知られている「吉川経家」の供養塔がある。

15031226.jpg 


[ 2018/01/28 16:59 ] 城址 | TB(-) | CM(6)

七尾城跡 益田市


山城跡というのは石垣もあまり残っていなかったりして派手さはないものの、険しい山の上に何段もの曲輪が有ったりして、その当時のことを想像してみるのも楽しいものだ。

標高約120mの山頂までの山道を歩くのは、手ごろな運動にもなるものだ。

IMG_1393.jpg 

IMG_1408.jpg 

IMG_1409.jpg 



[ 2018/01/26 19:33 ] 城址 | TB(-) | CM(6)

矢滝城跡 大田市


山吹城跡に続き銀山防衛の拠点としての矢滝城跡は、国指定史跡のエリアに含まれている。

とはいっても登り口はこんな状態で訪れる人は少なそうだった。

IMG_5325あ 

標高638mの山頂にはどんな遺構があるかと期待したが、目に入ったのは無線基地の残骸で戦後米軍のレーダ基地であったとか・・・

IMG_5351.jpg 

日本海や山並みの眺めがが山登りの疲れを癒してくれた。


IMG_5342.jpg 


[ 2018/01/22 19:59 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

山吹城跡 大田市


石見銀山のある大森の町並みから見える要害山(414m)の山頂に山城として築かれていた。

IMG_4336_201801212001465ca.jpg 

気軽な気持ちで登り始めたものの、何しろ急な坂道だったので何度も休みながらだったが、途中の甘トリカブトの花に癒されながら登りきることができた。

ヤマトリカブト3 

山頂には石垣らしき物は見えなかったが、何段にもなっている曲輪があり良い眺めだった。

山吹城址 


[ 2018/01/21 20:09 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

津和野城址


山陰の小京都とも呼ばれる津和野にも、370mの山頂にかけて膨大な石垣が残っている。

IMG_6754_201801192020250f4.jpg 

IMG_6722.jpg 

IMG_6674.jpg 

IMG_6572.jpg 

今はリフトが設置されているが、歩いて40分の山頂にどうやって石を運んだのだろうか?


[ 2018/01/19 20:23 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

月山富田城跡 安来市


国の史跡としても指定されていて戦国時代屈指の山城のようだ。

私が訪れたのは9年位前だったが、今は整備が進んでいるのではないだろうか。

標高191mの形の良い山だ・・

月山 

IMG_5559.jpg 

IMG_5566.jpg 

IMG_5628.jpg 


[ 2018/01/18 17:40 ] 城址 | TB(-) | CM(6)

浜田城跡


立派な石垣などが残されている浜田城跡であるが、明治維新の二年前に長州軍に攻められて、城に火を放って逃げたせいか今一つ人気が無いようだ。

この門は津和野藩の武家屋敷の門を移築したそうだ。

DSCF5358.jpg 

先月26日の写真だが、門の前にある桜が一本だけすでに咲いていた。

DSCF5365.jpg 

高い石垣や桝形になった場所など、良い保存状態とは言えないが見ごたえがある・・・

DSCF5291_2017030220560785f.jpg 

頂上の本丸跡は広く、石垣の近辺にはその当時の瓦のかけらが散らばっていた。

DSCF5326_20170302205609a9c.jpg 




[ 2017/03/02 21:05 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

竹田城祉

 二年前の写真から!

 満杯の駐車場を横目に、まだ暗いうちから麓から歩いて登るほどの人気の場所でした。








 雨に降られそうな天気ながら夜明けとともに朝焼けが・・・



DSCF6213.jpg



 早起きが苦手な私でしたが、こんな眺めを見ることが出来て満足な一日でした。



DSCF6274.jpg


[ 2015/11/26 20:58 ] 城址 | TB(-) | CM(0)