浜田城跡


立派な石垣などが残されている浜田城跡であるが、明治維新の二年前に長州軍に攻められて、城に火を放って逃げたせいか今一つ人気が無いようだ。

この門は津和野藩の武家屋敷の門を移築したそうだ。

DSCF5358.jpg 

先月26日の写真だが、門の前にある桜が一本だけすでに咲いていた。

DSCF5365.jpg 

高い石垣や桝形になった場所など、良い保存状態とは言えないが見ごたえがある・・・

DSCF5291_2017030220560785f.jpg 

頂上の本丸跡は広く、石垣の近辺にはその当時の瓦のかけらが散らばっていた。

DSCF5326_20170302205609a9c.jpg 




スポンサーサイト
[ 2017/03/02 21:05 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

竹田城祉

 二年前の写真から!

 満杯の駐車場を横目に、まだ暗いうちから麓から歩いて登るほどの人気の場所でした。








 雨に降られそうな天気ながら夜明けとともに朝焼けが・・・



DSCF6213.jpg



 早起きが苦手な私でしたが、こんな眺めを見ることが出来て満足な一日でした。



DSCF6274.jpg


[ 2015/11/26 20:58 ] 城址 | TB(-) | CM(0)

浜田城探索


 護国神社の駐車場から本丸跡への石段や石垣は見事なものだが、昔の大手門からの登ルートが気になっていた! 

 麓の住宅街に大手門跡の標柱を見つけたが、住宅が並んでいてここからは登れなかった。





 さらに奥に向かうと裏門跡の石垣を発見!

DSCF2896.jpg


 
そして細い路地を進み家の脇の先には中門跡の石垣まで・・・   本丸跡までは何度も登ったのにこんな石垣が残っていたのには気が付かなかった。

DSCF2856.jpg


 さらに足をのばして松原湾から眺めると、海に面した小高い場所に天守でも残っていればよかったろうにと悔やまれる。


DSCF2904.jpg

[ 2015/06/05 20:41 ] 城址 | TB(-) | CM(0)

石見 浜田城


 時間調整のために今年の桜はどうだろうかと浜田城跡に立ち寄ってみた! 普段はゆっくりと歩けないけど、今回も急ぎ足で回ったが人麻呂に所縁があるのに初めて気が付いた。





 山城跡ばかり巡っていた目には、立派な石垣と本丸跡の広さなどあらためて見直してみた・・・


DSCF1158.jpg



DSCF1173.jpg



浜田川沿いの桜並木はそろそろ見頃といった感じだが、花数が少なそうに見えた・・・・


DSCF1138.jpg
[ 2015/04/01 18:51 ] 城址 | TB(-) | CM(0)

石見城跡(石見銀山遺跡)



DSCF0262.jpg



  ここも石見銀山遺跡の一部になっていたとは知らなかったが、登城口や山頂に至る道が整備されていなくて途中からは道も分からないところがあり、足元にはこんな見慣れない置き土産が点々と・・・  熊でなければいいのだが!





DSCF0218.jpg


 でも山頂にたどり着いたら思ったより広い主郭が有り、小さいながらも土塁や城の名前の標識が有ったので達成感も・・


DSCF0240.jpg


この眺めは。銀山への出入りを監視するにはなかなか良さそうだ。


DSCF0236.jpg
[ 2015/03/18 19:53 ] 城址 | TB(-) | CM(0)

月出城跡  つきでのじょうあと



 我が家から近いところにある山城跡は、マイナーなのでこの場所だけが足を踏み入れていなかった。 と言うのも名前だけは知っていたが具体的な場所が分からなかったのを、「島根県遺跡データベース」の存在を知ったのを機に訪れてみた。  場所としてはキャンプ場の奥がその場所だった!






道は無くなっていたが藪に入り込んでみたら、平坦な場所があってその先は急な傾斜地になっていて、遺構は見えないものの鎌倉末期の城跡のようだ。


DSCF9150.jpg


気になっていた場所を確認した後は、近くにある椿の里の咲き具合は少し早かったがピンクの小さな花が西日に映えていた。


DSCF9178.jpg


[ 2015/02/01 21:33 ] 城址 | TB(-) | CM(0)

石見 松山城



 勢いが付いたところで今日は車で20分走った所にある「松山城」へ・・・・  30年以上前に登ったことがあるお寺の方から登り始めたものの、木は生い茂り急なうえに道は崩れていて、息は切れるし歳を感じながらも15分くらいで何とか山頂へたどり着いた。






そこで見つけたのは古井戸と書かれた立札と、杉の木の根元にはそれらしき水溜り!


DSCF9093.jpg



さらに一段上がった所には塚があり、字は読めなかったけど 「永禄三庚甲」の石塔で 1560年とちょうど毛利氏に攻められる前の年代の物だとの記録があるようだ。


DSCF9095.jpg


あらためて歴史を調べてみたら1303年の築城で、毛利氏に敗れるまでの約300年間も戦場となっていた場所のようだ。
[ 2015/01/29 20:17 ] 城址 | TB(-) | CM(0)

山城跡散策



この角度から眺めた写真は少ないと思うが、資源ごみを出しに行ったついでに目星をつけて置いた蟹ケ迫城跡の登り口!この前行った「亀山城」は江川を挟んで対岸にある。



  


DSCF9056.jpg



9号線バイパスと261号線の分岐したところだから、何時も目にしていたのに山城跡とは気づかなかった。


DSCF9079.jpg



 主郭は思ったより広くてお地蔵さんが祀られていた。


DSCF9059.jpg
[ 2015/01/28 20:32 ] 城址 | TB(-) | CM(2)

石見の国 亀山城



 一般的にはお隣の浜田城の事をさすが、水運によってその当時には石見銀山に次ぐ賑わいを見せていた! ともいわれるここ江津本町にも亀山城があった。 JR三江線の本町駅のトンネルの真上に有って鉄塔が立っているところがそうだ・・・








 県外の城跡好きの人のブログからはっきりとした場所を知ったので、三月並みの暖かさの今日行ってみたが、郭らしいところには鉄塔や畑になっているものの、何段かに分かれた平坦地があった。



DSCF8979.jpg




そして一段高いところに行ってみたら「法華塔」と石組みが有り、明和4年(1767年)の文字が残っていたが、16世紀ごろ都野氏の居城があったとか・・・・


DSCF8972.jpg



歴史を残す瓦屋根と空地に咲く水仙の先では、花バサミを手に散策する年配の婦人の姿が長閑にみえた・・・


DSCF8954.jpg


[ 2015/01/25 20:57 ] 城址 | TB(-) | CM(0)

天空の城 島根


写真不足の昨今、今日は5年前の12月に津和野城址に登った時のものです。 リフトがあるのに、わざわざ歩いて登ってみました。いま天空の城ともてはやされている、竹田城址にも劣らないような山城跡が島根にもあったんです!







IMG_6754.jpg




下を見下ろせば、津和野の街や太鼓谷稲荷が見え、正面には青野山が聳えていて地形的にも城址が霧に浮かぶ様子も想像できる・・・・




IMG_6602.jpg

[ 2014/12/15 20:44 ] 城址 | TB(-) | CM(0)