八つ目の蓮


今年の蓮は終わったかと思っていたが、八つ目の蕾がもう一つ残っている! 何時もは最後の蕾は上手く開かずに枯れてしまうので期待はしていなかったのに・・・

昨日の水遣り時にはまだ開いていなかった!

DSCF8881.jpg 

それが今朝にはふっくらときれいに広がっていた。

DSCF8886.jpg 

珍しくトンボまで来てくれたので絶好のチャンスと思ったが、ピントが合うまでに逃げられてしまった。

DSCF8894.jpg 

長いレンズが無ければ思うようにいきませんね~



スポンサーサイト
[ 2017/07/20 15:32 ] | TB(-) | CM(4)

不安定な天気


国道を走行中に雄大な雲が目につき、退避場所に車を止めてシャッターを!

DSCF8804.jpg 

今日は降らないのかと思っていても急に降ってみたり・・・ 蓮はもう一つ小さな蕾を残して、そろそろ終わりそうだ。

DSCF8794.jpg 

しかしミニ水連は次々と花を咲かせ、キキョウは庭の片隅でひっそりと咲き始めていた。

DSCF8831_20170712193037f58.jpg 

DSCF8835.jpg 


[ 2017/07/12 19:35 ] | TB(-) | CM(4)

雨の中の蓮


台風は逸れたので風も無くて小雨のまま遠ざかった。 今季3番目の開花だが、今までは日照りで花びらも傷んでいた。でも湿度が高くなっていたせいか、これが一番きれいだ!

DSCF8568.jpg 

DSCF8577.jpg 


[ 2017/07/04 19:02 ] | TB(-) | CM(2)

水に咲く花


我が家の水蓮鉢でも花が咲き始めました。

DSCF8496.jpg 

四つも同時に蕾が付いたのは初めて・・・    ようやく開き始めました。

DSCF8492_2017062819395764b.jpg 

雨の水滴では無くて水遣りの水滴です。 




[ 2017/06/28 19:42 ] | TB(-) | CM(4)

梅雨空


南九州や太平洋側では強い雨が心配されているが、島根の今日は夕方になって小雨が降りだした。

庭のアジサイは終わりに近くなったものの、谷あいにあるこのお宅では大きな株が雨を喜んでいた。

IMG_5403.jpg 

このお宅では背の低いナナカマドが、爽やかな白い花を咲かせていた。

IMG_5394.jpg 

道端のフェンスには粒のそろわないイチゴではあったが、赤い色が美味しそうに見えた!

IMG_5374.jpg 


[ 2017/06/24 19:38 ] | TB(-) | CM(4)

花の名前


忘れないうちに検索してたどり着いた花の名を記録しておこうと・・・

アリウム・ギガンチューム 特徴のある大きな花です。

DSCF8329_20170620202227aeb.jpg 

シモツケソウ 名前が似ているのでシモツケと混同してしまいます。

DSCF8330.jpg 

エケベリア 多肉植物です。

DSCF8334.jpg 

ガステリアの種類??? ゴミの様な小さな花です。

DSCF8337.jpg 

いずれも母の庭にありました。




[ 2017/06/20 20:34 ] | TB(-) | CM(4)

ネジバナの季節


晴天続きだが気温は少し低め・・・ この花はまだ先だろうと思っていたが、ちらほらと咲き始めていた。

IMG_5350.jpg 

頭上には大きなタイサンボクも・・・

IMG_5195.jpg 

日陰に群れ咲く花はドクダミかと思っていたら、今年はトキワツユクサがはびこっていた。

IMG_5200.jpg  

ドクダミは少し離れた場所に咲いています。

IMG_5143.jpg 


[ 2017/06/17 20:25 ] | TB(-) | CM(6)

紫外線


今日も良い天気!  強い陽射しから逃れるように夾竹桃の下に紫陽花が・・・

IMG_5286.jpg 


[ 2017/06/16 19:54 ] | TB(-) | CM(2)

咲き始めた庭のアジサイ


昨年までは数えるほどしか咲かなかった紫陽花だが、今年は三種類とも小さいながら沢山の花が咲きそうだ。

DSCF7688.jpg 

DSCF7680.jpg 

この花は今年初めて咲く花だけど どんな花になるのやら・・・

DSCF7687.jpg 

散歩途中の藪にはカラカラ天気なのにカタツムリの姿があった。

IMG_4949.jpg 



[ 2017/05/28 19:40 ] | TB(-) | CM(4)

きょうも海


昨日と似たような日没だったので海へ散歩・・・  昨日の様な情景には出合えなかったが、花の名前を一つ覚えた。

よく見かける花なのに名前を知って居る人は少ないのではないでしょうか。 タイトゴメ 小さな花です!

IMG_4896.jpg


もう一つは、ミヤコグサ?

IMG_4898.jpg


これはハマエンドウ!

IMG_4897.jpg


いつもの ハマナスは 思ったより花が沢山咲いていました! 種で増えているようです。

IMG_4904.jpg


[ 2017/05/27 20:15 ] | TB(-) | CM(4)

砂浜に咲く花



殺風景な砂浜のようでも気を付けてみれば多くの花が咲いているものだ! 今回目にしたのは小豆つぶの様な赤い実が枯れたようなものだった。

IMG_4528.jpg


調べていたらハマボッスという聞きなれない名前のようだ。 何気なく捕っていた隣の白い花もハマボッスと載っていた。

IMG_4527.jpg


ハマボウフウも花盛りだったが、この花にも赤い実が付くようだ・・・

IMG_4600.jpg


[ 2017/05/23 19:35 ] | TB(-) | CM(4)

ハマナス 石見海浜公園


こちらのハマナスが気になり足を運んでみたが、ちょうども見頃になってはいたものの昨年とは様子が変わっていた。
砂の堆積で埋まってしまったところが有った。

DSCF7598.jpg 

DSCF7608.jpg 

DSCF7612_20170515173446ef2.jpg 

カイトサーフィン?と言うのだろうか、風が強かったので途中で止めてしまった。

DSCF7604.jpg 


[ 2017/05/15 17:38 ] | TB(-) | CM(4)

白い花


気温は上がったものの強い風がまだ吹いています。

写真も変わり映えがせずに今日も庭の花・・・  白いシャクヤクは真ん中に少し赤い色がありおしゃれです。

DSCF7557.jpg 

シランは紫蘭と書くだけあって赤が一般的ですが、白いものも目を惹きます。

DSCF7560.jpg 


[ 2017/05/11 19:18 ] | TB(-) | CM(4)

雨に咲く花


何やら一昔前の歌の題名になってしまいましたが、黄砂が終わったら小雨の一日になりました。

この白いつゆ草はわざわざ空き地から持ち帰ったものの、トキワツユクサと言って帰化植物のようだ。

DSCF7521.jpg 

この花は今年は一輪だけ・・・  名前は不明です!

DSCF7541.jpg 

ユキノシタはどんどん広がってしまいます。

DSCF7553.jpg 


[ 2017/05/09 19:36 ] | TB(-) | CM(6)

花盛り


あまり手入れしたわけでは無いのに、庭のあちこちで咲き始めたのがうれしくて・・・

始めて咲いたシャクヤク

DSCF7498.jpg 

ナデシコ! 白と赤

DSCF7509.jpg 

ミニバラとナデシコ

DSCF7502.jpg 

ミヤコワスレとギボウシ

DSCF7513_20170508200352292.jpg 


[ 2017/05/08 20:07 ] | TB(-) | CM(4)

種蒔き三年 ハマナス咲いた


近くの海岸で拾った種を鉢に植えて置いたら、思いがけず一輪だけ咲いてくれました。

DSCF7462.jpg 

DSCF7472.jpg 

かろうじて生き延びているミヤマオダマキは、小さいながらもきれいに咲き揃いました。

DSCF7471.jpg 


[ 2017/05/04 16:56 ] | TB(-) | CM(4)

五葉松の花


知人の庭で見かけた五葉松の葉先には、可愛らしい色の花が・・・ (ブレていました)


IMG_4221.jpg 

道端にあるアケビの花も赤い色!

IMG_4216.jpg 


[ 2017/04/28 20:21 ] | TB(-) | CM(2)

ミヤマオダマキ


昨年モグラに掘り返されてしまい残った株はこの一つだけ! 鉢を持ち上げて下から覗き込まなければ見えない様な背丈です。

DSCF7156.jpg 

DSCF7160.jpg 

ピンクと青の勿忘草を植えていたが、今年初めて白い花が咲いた。 突然変異だろうか・・・

IMG_4208.jpg 

その代わりピンクの物は一株になってしまった。


[ 2017/04/27 20:00 ] | TB(-) | CM(2)

エヒメアヤメ?


昨年二つしか咲かなかったこの花は、ことしは5~6本の花が咲きそうだ! 母からはエヒメアヤメだと言って貰ったものの、違うのではないだろうかとの指摘もあり、正式な名前は定かではない。

IMG_4206.jpg 

背丈は10cm程度だ!

この花と同じような色のミヤマオダマキが咲くのを待っているが、一株だけ細々と生き残っている。
一方このオダマキは繁殖力が旺盛で、種がこぼれてあちこちに花を咲かせている。

DSCF7056.jpg 


[ 2017/04/24 19:56 ] | TB(-) | CM(2)

君子蘭が見頃に・・・


大きくて重い鉢が三つもあり、この開花を見るために一年間の置き場所の確保が大変だ!

陽が当たり過ぎたら葉が焼けるし、葉を育てるためにはスペースが要るのだ。

IMG_4195 - コピー


[ 2017/04/23 20:44 ] | TB(-) | CM(2)