過ぎゆく秋を惜しんで・・・


 11月も今日で終わってしまい、明日からは寒くなると言うので、誰も居ない山の公園に足を踏み入れてみた。






 落ち葉に敷き詰められた遊歩道と、枝に残っているわずかな紅葉のある眺めに心休まる想いがする。



DSCF8415.jpg



 そんな中モミジの一枝の紅葉が、豪華さは無いものの秋の名残を見せてくれている!



DSCF8435.jpg

スポンサーサイト
[ 2014/11/30 19:33 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

昨夜の雨は?


 昨夜は激しい雨の音がしていたけど、夢だったのだろうか・・・

 朝一番に外のコンクリートを見たら、乾いていた!

 でもサザンカの下には花びらが重なっていたから、やっぱり降ったのは本当だったようだ。



[ 2014/11/29 21:01 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

猫のくせに


 サーモンの刺身を全部食べずに残すんです (-_-;)






いそいそと外に出かけようとしているので、目の前にもう一度お皿を持って行けば、仕方なしに食べる始末・・・



DSCF8397.jpg



そして寒くなればキャットハウスの中で丸まっているが、暑くなったら次第に頭がせり出してきて・・・



DSCF8361.jpg



天下泰平の毎日です!

[ 2014/11/28 20:10 ] | TB(-) | CM(2)

そろそろ採り頃?


二株植えたブロッコリーが手のひらサイズに育ってきたが、採り頃はもうちょっと先だろうか・・・






この時期にしては暖かい毎日だが、今日の夕暮れはスッキリとした青い空! 明日の朝は放射冷却で寒いかも・・・



IMG_1961.jpg

[ 2014/11/27 17:27 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

視界不良


中国山地の最後の紅葉を見ようと予定していたので、あいにくの天気の中を出かけてみたが、山の中に入るほど霧雨に覆われてきた・・・   この場所から見下ろす矢上盆地は雲海も見える絶好の場所なのに、天気にだけは逆らうことはできないものだ!






でも下に降りたら、山沿いに立ち上る霧が幻想的に見えて、名残の秋をしっかりと楽しむことが出来た。
[ 2014/11/26 20:45 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

一輪・一鉢


 何時からここに咲いていたのだろうか!  いつも出入りする場所なのに気が付かなかった。






 育てていると言う訳でもないけど、手のひらサイズのこの鉢もうまく紅葉してきた・・・



DSCF8360.jpg
[ 2014/11/25 20:06 ] | TB(-) | CM(0)

山陰本線



 陸橋の下には山陰本線が通っています! 昔から気になっていたのが、線路わきに立っている銀杏の黄葉と鉄路の組み合わせはあまり見られないのではないかと・・・






 ちょっと離れたところに車を止めて、見てきました(^.^)



DSCF8241.jpg

[ 2014/11/24 17:23 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

煙の匂いが懐かしい


 このところ暖かくて、散歩するには少し薄着にしないと汗をかく・・・








つい先日までは蕾が見えるかどうかの状態だったのに、草むらには水仙が咲き始めていた。



IMG_1896.jpg



何時もグランドを歩きながら見るこの山の紅葉は、落葉樹の種類が少なくて、寒暖の差がも小さいので、これが限度であとは葉を落とすのみ・・・・



IMG_1903.jpg
[ 2014/11/23 20:14 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

浄善寺の大銀杏


 今年も新聞記事に誘われて行ってきました! 一週間前に通りかかった時には緑の葉が多かったけど、今は木全体が黄色に包まれていた。


DSCF8318.jpg




記事によると樹齢600年とのことで、どっしりとした佇まいだ!



DSCF8297.jpg




 こちらからの角度も面白そうだ・・・



DSCF8280.jpg


[ 2014/11/22 17:19 ] 植物 | TB(-) | CM(2)

剪定


 庭のサザンカも年数と共に大きくなり繁って来て、脚立のてっぺんに上がっても手が届きにくくて、手入れが大変になって来た。 今年は思い切って我流ながら、大幅に枝を透かして小さく仕立てみたが、内心これで良かったかと不安だった。
 ところが松の手入れをする職人さんから、センスが良いよ! の一言で、ちょっぴり自信が・・・








 同時に植えた赤いサザンカも元気を取り戻し、後ろのモミジと引き立てあっている。



DSCF7926.jpg
[ 2014/11/21 20:12 ] | TB(-) | CM(2)

ゾウムシ


 こうして見れば長い鼻が付いていて、ユーモラスにも思えてくるが、実際は小さな鳥の糞にしか見えなかった! ゴミを取り除こうと触ってみたら虫だと言うことに気が付き、以前どこかのブログにこんな写真が載っていたのを思いだした。
 注意深く見渡せば、身近にも色んな者が住んで居るんですね~ (-_-;)




[ 2014/11/20 19:31 ] 生き物 | TB(-) | CM(2)

三々五々!


 穏やかな夕暮れ・・・・  何羽かのグループに分かれて西の空に引かれるように、無言のグループや声を掛けあうグループや、一人だけ遅れて急いで追いつこうとするなど様々なのを見ながらしばらく空を眺めつづけていた。








IMG_1868.jpg




IMG_1870.jpg



全部で何十羽居たのだろうか・・・・・
[ 2014/11/19 20:10 ] 写真日記 | TB(-) | CM(6)

煌めき


手入れが終わったばかりの松の葉越しに、久しぶりの陽ざしがキラキラと懐かしいような暖かさを運んでくれた。






隣のサザンカの花にはミツバチが軽やかな羽音を立てて、忙しそうに飛び回っていた・・・



DSCF8229.jpg

[ 2014/11/18 19:54 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

灯台下暗し


 右奥にある建築中の建物の上で、ブルーシートが風にあおられているが、工事関係者の人は気が付いているのだろうかと気になった。 パチンコ屋さんを解体してしまったので止めたのかと思っていたら、出入り口が交差点の中だったのでそれを解消するために建て替えているようだ!  不景気な時には流行る業界だと聞いたことがあるような・・・




[ 2014/11/17 19:02 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

ぽっかり~浮かんだ白い~雲・・・


 こんな雲を見ながら歩いていると、その当時の美空ひばりの歌声と街道を歩く映画の場面が想いだされてくる。同じような雲に見えても少し時間がたつと、ぼんやりとした締まりのない形になってしまうものだ!







 このお宅の皇帝ダリアはいつにも増して花数が多いようだが、今ではあまり珍しい花ではなくなって来た・・・



IMG_1817.jpg

[ 2014/11/16 19:33 ] | TB(-) | CM(2)

まだなんだけど!


 一日の内で一番待ち遠しいのがおやつのネコ缶・・・   時々私がやった時には、食べ終わったのにまだ貰っていないような不足顔で訴えています。 何時もの習慣で、同じ人から貰わなければおさまらないようです!



[ 2014/11/15 17:22 ] | TB(-) | CM(0)

今日の散歩道


 急な冷え込みと強風だったので、冬の格好で散歩に出たら家に着くころには汗ばんでしまった。

 三叉路のお地蔵様の銀杏の色付き具合を見ようと、少し足を延ばしてみた・・・






 季節外れに咲いていたツツジの花が二輪! 時間が有ったので土手に近寄って見れば、やっぱり顔に見える! この前から気になっていたはずだ。



IMG_1812.jpg

[ 2014/11/14 20:35 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

早朝の満月


 以前から海に沈む月を見てみたいとは思っていたが、朝が弱いことや天気の具合などもあり今まで見たことは無かった。 11月の5日はミラクルムーンとか言ってたが何だかよく分からずに過ぎた。7日の早朝ふと目が開いたら窓に黄色いような光が見えたので、もしやと裏に出てみたら満月が普段夕日が見える位置に見えていた。







残念ながら水平線付近には雲がかかっていて、これより低い位置の月は見られなかったが太陽の光が当たる位置が、何時も見る月とは反対側にありました(^.^)



IMG_1773.jpg
[ 2014/11/13 19:51 ] | TB(-) | CM(0)

噴煙のようにも・・・


 山の天気は変わりやすいと言うが、天気予報では0%の降水確率だったので安心していたら、見る間に重そうな雨雲が立ち込めてみたり雲の流れが早かった。 こうして下から白い雲を見ていたら、御嶽山のニュース映像と重なって見えてきた!




[ 2014/11/12 19:58 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

山頂のススキ


 山陰地方唯一の活火山である標高1,126mの三瓶山! 二年前に見たススキの眺めが忘れられずに息を切らせて登って来た。 その時は10月でちょうど見頃だったようだが、今年は一か月過ぎている・・・







DSCF8086.jpg



ちなみに二年前の写真ではこんなに白く輝いていたものだ!



20121005 114


 一日過ぎた今日、筋肉痛は起こらなかったが急な坂を登るときの息切れには参った!
[ 2014/11/11 14:54 ] 写真日記 | TB(-) | CM(6)

大阪 西成区 ・ むすび


 旅行の最後は、予定外の釜ヶ崎散歩! テレビのドキュメントなどでは見たことが有ったが、朝の裏通りやあいりん地区など初めての体験で、カメラをぶら下げて歩かない方がいいとのことで写真は表通りしか撮っていない。
 通りには自転車がひしめき合って置いてあり、一膳めし屋や立ち飲みの酒店など活気のあること・・・  案内していただいたのは私と同年代の気の良い人で、ここに住んで居るのは一人暮らしの年取った男性ばかり! ある意味住みやすいところだと教えてもらった。






実は娘がこの隣の小さな事務所でで週何回か働いているんです!



DSCF7915.jpg

[ 2014/11/10 20:03 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

名古屋城



 旅行最後の城は名古屋城! 時間に余裕が出来たので立ち寄ったのだけど、伊達に金の鯱が載っている訳ではないと思える大きなお城だった。





天守からの眺めはどっちを眺めても大きなビルが立ち並んでいるばかり・・・・・     
その中でただ一つ遠くにかすかに見える御嶽山の噴煙を見つけることが出来た。



DSCF7796.jpg
[ 2014/11/09 14:39 ] | TB(-) | CM(2)

岐阜城


 先日の犬山は思ったより低い崖を背にしていたが、長良川越しに望む岐阜は高い山の頂上に有った。標高329mの金華山の旧名は稲葉山と聞いて、歴史の舞台に出てくる名前と合致した。






 ロープウェイを利用して天守にたどりついてまず感じたのが、石垣の石があまり見慣れない物だったが、高い山の上なので周りの石を使ったのだろうかと思った。 



DSCF7661.jpg



 眼下に見下ろす眺めは、大きく曲がりながら流れる長良川とポツリポツリとある小山にも、戦国時代には山があったのだろうかと想いを馳せてみた。



DSCF7637.jpg

 
[ 2014/11/08 22:02 ] 写真日記 | TB(-) | CM(4)

国宝茶室 如庵


 犬山の下調べでは気にしていなかった「有楽苑」の中にある茶室如庵が、たまたまホテルの敷地内に有ったので
時間調整を兼ねて入園してみたら、手入れの行き届いた園内は外から見る以上に見事だった。








DSCF7544.jpg




DSCF7555.jpg




DSCF7504.jpg




DSCF7558.jpg


[ 2014/11/07 17:19 ] 写真日記 | TB(-) | CM(4)

見ごたえがあった犬山城


 11月2日夜の犬山のライトアップ!






11月3日朝日を浴びて!


DSCF7463.jpg



昨日の天気が嘘のような秋晴れの中!



DSCF7494.jpg



 そして木曽川を挟んで見るおの姿は国盗りの時代を偲ばせるものがありました。



DSCF7611.jpg



今でも地域のシンボルとしてそびえるおの姿には、人を引き付けるものがあるようで、観光客の多さにも目を見張りました。

[ 2014/11/06 14:26 ] 写真日記 | TB(-) | CM(4)

小雨の犬山城


 念願の犬山への旅行だったが、初日はあいにくの下り坂の天気で天守に登っている時には、ちょっと強い雨のため
見晴らしがきかなかった。







DSCF7377.jpg




内部は数少ない現存天守の一つとあって歴史を感じさせるものだったが、観光客にとっては狭くて急な階段のため目の前で転倒する人も・・・・



DSCF7381.jpg



でも外回りを歩くころには雨も上がってくれたのは幸いだった。



DSCF7401.jpg



明日以降にも続きます・・・


[ 2014/11/05 19:41 ] 未分類 | TB(-) | CM(6)

地域の文化祭


 明日から始まる地区の文化祭の展示準備です。 左端に五点ほど出品しました・・・






私の方は久しぶりにお城めぐりの旅行で、犬山城近辺をうろついてきますので三四日ブログはお休みします!
天気予報では雨模様なのでどうなることやら(-_-;)
[ 2014/11/01 22:10 ] 趣味の創作人形 | TB(-) | CM(4)