春の陽ざし



 今日は お花見をさせてやりました!        


DSCF9897.jpg



                    少し髪が乱れてました・・・・



スポンサーサイト
[ 2015/02/28 16:51 ] 趣味の創作人形 | TB(-) | CM(0)

最後の雪に・・・


 2月もあと一日となったが、これが最後の雪になって欲しいものだ・・・・



[ 2015/02/27 20:12 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

ミネラルたっぷり?


何やらミネラル豊富な天然水のように見えるが・・・






 お気に入りの睡蓮鉢の水なんです! 家の中には専用の水入れがあるのに、それを飲んでいるのは見たことない・・・


DSCF9839.jpg

[ 2015/02/26 22:25 ] | TB(-) | CM(0)

陽気に誘われて



 黄砂のために山の上からは、海と空の境目が分からなかったけれど椿の里へお散歩に!




DSCF9856.jpg



まだ咲き始めたばかりで蕾だけの木の方が多かった。 先日のミツマタの花はどうだろうかと立ち寄ってみたが、もう少し・・・

DSCF9851.jpg



 我が家のクリスマスローズは風の傷みも無くいい感じ・・・


DSCF9826.jpg

[ 2015/02/25 20:36 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

割元庄屋 澤津屋


割元庄屋「澤津屋」は、その当時近隣の36村を統括していたというから、石見の山の中にあって重要な地域だったようだ。





ご覧のように屋敷跡は竹が密集してしまい、山すそに埋もれはじめている・・・


DSCF9730.jpg


そんな山里にもちらほらと早咲きの桜が目についた!


DSCF9688.jpg

[ 2015/02/24 19:26 ] 史跡等 | TB(-) | CM(0)

石見 福田城跡


この場所は以前にも訪れた所だったけど、城跡だったとは気づかなかったので再度の訪問!






DSCF9787.jpg



神社の後ろには道は見えなかったが、一藪越えたらそれらしい道が続き小高い平地に祠があった。


DSCF9771.jpg



気が付けば庭の紅梅は見頃を過ぎそうだったので あわててアップ・・・


DSCF9799.jpg

[ 2015/02/23 19:59 ] 史跡等 | TB(-) | CM(2)

猫の日


 暖かい雨の日を、今日も一日この体勢なので動きのある写真は撮れなかった。







でもこの表情をみれば幸せな猫だと思う・・・・


DSCF9683.jpg

[ 2015/02/22 17:24 ] 未分類 | TB(-) | CM(4)

夕暮れ時



昨日のすっきりとした晴天は、陽が落ちてもいつも以上に見通しのいい夜空でした・・・






 ローカルニュースでも月と金星・火星の映像を流していたので、あらためて外に出てみたら月の上に見える金星のそばにはわずかに火星も見えていました。


IMG_2501.jpg



 そしてこの月齢の月がこんなにくっきりと見える事は少ないです!


IMG_2500.jpg



[ 2015/02/21 17:04 ] | TB(-) | CM(4)

ミツマタ



身近な所にあるミツマタの花を見たくて山に行ってみた。 今日の空の青さは格別で、これから暖かくなったら黄砂やPM2.5などで霞んで見えることが多くなる・・・






 肝心のミツマタの木は一本だけで、あまり元気がなさそうに見えてようやくちらほらと一つずつの花が開き始めたところだ。

DSCF9637.jpg



 蕾の時はハチの巣のような形をしているが、満開になった時の様子はとても豪華な花になるので、見頃を逃さないようにまた来てみたいものだ!


DSCF9641.jpg
[ 2015/02/20 20:25 ] | TB(-) | CM(2)

シロハラ


 台所から見ていると、何時も忙しそうに走るは何だろうかと思っていたが、糠を蒔いておいたら置いたらスズメと仲良く食べていた。 青いネットは風よけに張っているものなので、籠の中ではありません・・・






このスズメはまだ幼く見えます!


IMG_2425.jpg



前庭のこの場所はヒヨドリのお気に入り!  何気なく見たらお土産が山盛りになっていました。


IMG_2320.jpg


[ 2015/02/19 19:43 ] 生き物 | TB(-) | CM(0)

解 体



 昭和46年以来地域の安全を守っていた警察署が、新築移転のために取り壊されてしまった!

 逆算すれば44年前に建てられたようだが、その当時の私の年齢は23歳だ・・・・






ちなみに解体前の建物はこんな風だった!


DSCF6792.jpg

[ 2015/02/18 20:26 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

そろそろ終わり?


 12月の始めに買い求めたシクラメンは、だんだん勢いが弱くなってきて蕾も見えなくなった。 毎度のことながらシクラメンの管理が上手くできない・・・・






 一枚だけのアップの積りだったが、黒みがかった椿の花もついでに見てください。

DSCF9636.jpg



 これは「ハコベ」でいいのかな?  散歩の途中にちょっとしゃがみこんで撮ってみました!

IMG_2460.jpg
[ 2015/02/17 19:26 ] | TB(-) | CM(0)

家の中に籠っています


 外から部屋の中を見たら、ちょびは寝ぼけた顔をして起き上がった所でした・・・






 みっちゃんは相変わらずミシンに向かっていると思ってたら、沢山のバッグが出来ていて今日ももう一つ出来上がっていました。


DSCF9634.jpg

[ 2015/02/16 19:39 ] | TB(-) | CM(0)

木星の衛星?・・・が!


昨夜は久しぶりに雲の無い澄んだ夜空だったので、地球に近づいていると言う木星を撮ってみた。 普通のコンデジなので鮮明ではないけど、他の星よりは大きく撮れた。






 その中でも木星の近くに二つの衛星?らしく写っているのは本当に衛星なんだろうか 


IMG_2380.jpg

[ 2015/02/15 19:40 ] | TB(-) | CM(2)

石見 神主城跡


 山城跡散策は宝探しのようなものだ! 道があるかないか分からないような所を歩き回って、こんな標識でもあれば初期の目的達成となるが、何にもない場所の方が多い・・・  名前が違うが呼び名もいろいろあるようだ。
 ちなみに「神主」と言う名前は神社に関係があるのかと思っていただが、昔は砂鉄採取が盛んで「鍛冶屋」が多かったので、「鍛冶」から神主になったのではないかと、島根県のデータブックに載っていた。


DSCF9535.jpg




連日こんな場所ばかり歩いているが、郭跡だろうかとか切掘りだろうかなどと眼を凝らしている中、イノシシの堀跡ばかりが目についた。



[ 2015/02/14 19:45 ] 史跡等 | TB(-) | CM(0)

万葉の里


知っているようで知らない地元の歴史!  寒さも忘れて里山を巡ってみた・・・






 人麻呂終焉の地の論争があるけど、この地にもこんな標識があるのは知らなかったし、この先の庭には謂れのある大きな平たい石があった。


DSCF9560.jpg



そしてこの近くには人麻呂が歌に詠んでいる、妻の出生地として知られている場所がある。 「依羅娘子(恵良姫)」と呼び、今から1300年前の話だ・・・


DSCF9571.jpg

[ 2015/02/13 21:00 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

石州瓦



 新しい瓦は色も綺麗で形も均一化しているけど、私は少し変形していたり微妙な色むらのある瓦の風景が好きです。






田舎の過疎の村でも蝋梅が咲き、小屋の中では立派な農機が出番を待っています。

DSCF9462.jpg




DSCF9464.jpg
[ 2015/02/12 19:28 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

石見・佐賀里松城


 曇り空の中今日も山城跡散策へ・・・  と言っても散歩代わりなので、周りの景色を眺めながらの散歩だから、どうしても時期のに目が向いてしまい、黄色のによくであった。





DSCF9513.jpg



DSCF9465.jpg




 目的である山城跡は、高さは知れているものの急こう配の上かろうじて道らしきものがあった。 石垣は見えなかったが直径1,5mくらいでふかさも2m近くはありそうな井戸と、素人でも気が付くような堀切を見つけたのが大きな収穫だった。

DSCF9439.jpg
[ 2015/02/11 19:42 ] 史跡等 | TB(-) | CM(0)

熟成バラ


 強い風と寒さの中で、枯れることも無く開き始めた庭のミニバラ。

 蕾の状態から開き始めるまで、何カ月経っただろうか!




[ 2015/02/10 20:19 ] | TB(-) | CM(0)

この冬一番


 日中の外気温は3度前後とこの冬一番の寒い日となった。 睡蓮鉢の氷の上にパラパラと落ちてきた雪は、消えることなく残っていたが積もることは無かった・・・







 こんな日はコタツでウトウト・・・    生姜湯で温かさを取り戻した!

DSCF9413.jpg
[ 2015/02/09 19:40 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

戸の向こう側・・・


 毎日 時間が来ればこんな姿勢で戸の向こう側に神経を集中しています!


 ミシン作業の邪魔をするので締め出されているのと、一番の楽しみである猫缶がもらえる時間なのです・・・








 そして正規の食事時間なると、私の席に陣取って準備中のおかずを吟味しています。

DSCF9035.jpg

[ 2015/02/08 20:35 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

石見 不言城 (福光城)



 今日も雨が降り始める前にと車でちょっと・・・

 ふげんじょう とはなかなかのネーミングだが、それ以上に整備された案内板や遺構の多さに、このところ何処が本丸の跡か分からない場所ばかり歩いていた身には満足できる場所だった。

 主が眠るお寺のそばには、紅白の梅の香が漂い始めていた。





 福光石の産地とあって石仏が安置されている岩屋や

DSCF9325.jpg



番所跡・・・


DSCF9334.jpg



本丸・二の丸・三の丸・上の丸や馬洗い池などがあって、見晴らしも良くてベンチも完備してありました。

DSCF9338.jpg



DSCF9358.jpg



車から降りて15分も歩いたら本丸に行けるので、ぜひ登して地域の歴史に触れてみてください (^.^)
[ 2015/02/07 20:07 ] 史跡等 | TB(-) | CM(4)

石見 内田要害山城


三日前に訪れた南北朝・室町時代の城跡の登城口は、麓の三家元神社からと記したブログが有ったけど、藪になっていて歩きにくそうだったので地図上から北東方面の山道に回ってみた。







うまく城跡に続く山道が見つかり、郭らしい場所には土塁らしいものや井戸らしいものを見かけたが、どこが本丸跡なのかは小さな山城では分かりにくいものだ。


DSCF9242.jpg



DSCF9237.jpg


ただし 資料には井戸跡と言う記述が無かったけど、こんな水溜めのようなものが他にもう二つ見受けられた。
[ 2015/02/06 20:35 ] 史跡等 | TB(-) | CM(2)

2日前までは・・・



 2日前まではこんな穏やかな天気が続いていて、このまま春になればいいのにと思うほどだったのに! 






DSCF9303.jpg


立春を過ぎたとは言っても ここ当分寒い日が続きそうだ。
[ 2015/02/05 21:20 ] | TB(-) | CM(0)

石見 鳶巣城



 昨日 三カ所の城跡を訪れた内の二つ目は鳶巣城跡だ。 案内板が整備されていないので、案外登城口がが分かりにくいものだ・・・   今回はお寺の墓地が入り口だった。






DSCF9184.jpg




 それらしい道を登って行くにつれ何段もの郭らしいものがあったけど、城跡だと知らなければヒノキ林だろうかと思ってしまう。主郭と思われる近くで大甕に出合ったが、石見焼きとは形が違うようなので由緒のある物だろうか・・・


DSCF9194.jpg




殆どの山城跡がそうだが、木が生い茂っていて見通しが悪いのが残念だ。 唯一益田沖の高島やパチンコ店などが見える場所が有った。


DSCF9208.jpg


[ 2015/02/04 20:22 ] 史跡等 | TB(-) | CM(2)

三隅 針藻城跡


 朝うちは雲が厚くて不安定な空模様だったが、午後からは天気予報通り良い天気になってくれた。 
この針藻城跡は地域の人たちによって、きれいに整備されているとニュースでは見ていたが、公園として親しみやすく整備されていた。





DSCF9256.jpg



水仙のきらめきと菜の花・・・


DSCF9304.jpg



 眺望も素晴らしくて川と海に挟まれた街並みがよく分かり、中国山脈の方には白くなった山がのぞいて見えた。


DSCF9283.jpg



[ 2015/02/03 20:21 ] 史跡等 | TB(-) | CM(2)

椿



 まだ控えめな咲き加減だった、昨日の椿の里・・・・・   すくない花を求めてメジロが一羽!






少ないなりに一つ一つの花が輝いて見えました!


DSCF9170.jpg




DSCF9176.jpg





[ 2015/02/02 21:05 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

月出城跡  つきでのじょうあと



 我が家から近いところにある山城跡は、マイナーなのでこの場所だけが足を踏み入れていなかった。 と言うのも名前だけは知っていたが具体的な場所が分からなかったのを、「島根県遺跡データベース」の存在を知ったのを機に訪れてみた。  場所としてはキャンプ場の奥がその場所だった!






道は無くなっていたが藪に入り込んでみたら、平坦な場所があってその先は急な傾斜地になっていて、遺構は見えないものの鎌倉末期の城跡のようだ。


DSCF9150.jpg


気になっていた場所を確認した後は、近くにある椿の里の咲き具合は少し早かったがピンクの小さな花が西日に映えていた。


DSCF9178.jpg


[ 2015/02/01 21:33 ] 城址 | TB(-) | CM(0)