JR江津駅



 たまたま神社の話が続きますが、駅裏から何気なく線路を眺めていたら小さなお社が眼に入りました。 知人の話では駅の構内にある神社は、日本の中でここだけだ! との事でした!







 昨日の市役所脇の桜の開花状況・・・


IMG_6594.jpg



 桜にはボンボリが似合っています。


IMG_6585.jpg




スポンサーサイト
[ 2016/03/31 20:34 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

梛(なぎ)の木



 多鳩神社の境内で特徴的なものは梛(なぎ)の木だ。熊野地方では神木として有名なようだが、県内ではどこに生えているのかは知らない。 ここの木は樹齢300年くらいのようだが、この葉っぱの繊維は縦方向に並んでいるので少々のことでは千切れることがないから、縁結び・良縁の葉とされていて他にも魔除けにもなるとか・・・


DSCF8464.jpg



 硬いものでこすってみたら茶色の跡が残ったので、小さいながらも字も書けそうだ・・・


IMG_6573.jpg




 駐車場では赤みの強い桜が、一本だけ咲き始めていた。


DSCF8484_2016033020374324e.jpg




[ 2016/03/30 20:51 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

八咫烏(ヤタガラス)を探しに



 石見の国二宮「多鳩神社」には三足カラスの伝説があるが、その痕跡がどこにあるのかまでは知らなかったので
桜の開花を探しがてら訪れてみた。






 知人の話では本殿の軒にあると言うことなので、興味津々と・・・・  


 どうやら餌を入れる台のように見えるものが、ヤタガラスをお迎えするための道具のようだ。

DSCF8469.jpg



 受付にはJFL日本代表必勝祈願の旗が掲げてあった。


DSCF8476_2016032920274597e.jpg



 次回に続く・・・


[ 2016/03/29 20:34 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

小さな春



 庭の中で ポツリポツリと点在しているので華やかさは無いけれど、それぞれに小さな春を演出している。


 水仙は早くから咲き始めて、種類の違うが次々と咲くので こんなに息の長いとは思わなかった!






 ムスカリのは可愛らしいのに、長く伸びた葉がざんばらで傷んでいるのが足を引っ張っている。


DSCF8444.jpg



 キンカンの鉢の中にはスミレが一輪足元を飾っていた。


DSCF8451.jpg




[ 2016/03/28 21:51 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

花冷え



 今年の桜の見ごろは平年よりも早くなりそうだが、こちらではは花冷えと言うよりも開花が足踏み状態のようだ。


DSCF8438 - コピー



広島に住んで居る母の庭では 早くもダイコンハナが咲いていた。


DSCF8429.jpg




[ 2016/03/27 20:07 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

45年




 結婚して45年過ぎてしまったが、今日の話題は設立後45年経っている写真のブロンズ像だ・・・  今の地に越してきて37年経つが 木に覆われている空き家の傍に建つ このブロンズ像があることは知らなかった。

 半世紀も過ぎてしまえば 立派な業績を残した方でも忘れられていくのだろうかと・・・   少子化となって来た時代だと尚更だ!








幸い周りの木を伐採したので日の目を見ることとなったものの 気をつけて管理する人が居なければ維持するのもままならぬのか。


[ 2016/03/26 20:44 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

春休み



 隣町の大型スーパーで、衣料品を選ぶのに時間が掛かるから一人にしておいて!  と言われ私は近辺の散歩へと向かった。

 路地を通って小高い丘に登ってみたら、春休みになったばかりの小学生が所在なく春の光を楽しんでいた・・・






 初めて踏み入れた場所には、島村抱月の文や歌舞伎などでも演じられた「鏡山事件」の主人公の墓があったりして退屈しなかった。


IMG_6521.jpg


 
 港には船が並んでいたが、漁はあるのだろうか・・・


IMG_6561.jpg




[ 2016/03/25 21:18 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

不動明王



 近所の観音堂?の周りの生茂った木が切り払われたのでちょっと覗いてみた。


 いろいろと仏像が建てられていたが、私にも分かるのは不動明王だ! 






 でも顔をよく見れば目の向きが違っていたり牙の生え方が違っている・・・・


IMG_6479.jpg



 天地眼(右眼は天を・左眼は地を睨んでいる)  牙上下出(右の牙を上方、左の牙を下方に向けて出す) と言う特徴的な表情と、右手には剣 左手には綱を持っているそうだ。


[ 2016/03/24 21:14 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

ちょっとそこまで散髪に!



 桜の開宣言がニュースで流れ始めたが、歩いて散髪に行く途中の春探しです。


 気に入った部分だけを切り取っているので、ここまでに囲まれているわけではありません。






 皆さんがブログに載せているオオイヌノフグリが綺麗なので私も撮ってみました。


IMG_6500.jpg



 毎日歩いている道端につくしがこんなに並んでいたとは・・・


IMG_6503.jpg




[ 2016/03/23 20:29 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

お彼岸



 真面目に墓参りをするような生活はしていないが、昨日の抜けるような青い空の下 手を合わせてきました。






 仏壇は置いていないけど、庭に咲いたわずかばかりのを 気持ちばかり 遺影の前に・・・



DSCF8386.jpg





[ 2016/03/22 20:19 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

訪問者



 外から帰ったら庭の白い椿にメジロが来ていた! すかさずポケットのカメラで運よく一枚撮れた。






 メジロはすぐ飛んで行ってしまうのに、こちらの方はじっくりと腰を据えて鳴き続けるのが困りものなんです。


IMG_6425.jpg




[ 2016/03/21 20:39 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

コブシとモクレン




 遠目に見るコブシとモクレンの見分けは付けにくいものだが、調べてみたらモクレンのは上向きに咲き、コブシのはバラバラの向きに咲いているように見える! と載っていた。






DSCF8375.jpg




 ちなみにコブシは日本原産・モクレンは中国の原産だそうだ。




[ 2016/03/20 20:31 ] 植物 | TB(-) | CM(0)

万葉フェスティバルin石見




 万葉集でおなじみの歌人である柿本人麻呂。山上憶良・大伴家持が山陰の国司として赴任していたこと、中でも歌聖とも言われた人麻呂は石見の地と深いつながりがあった事など、貴重な話を聞くことが出来た。






IMG_6324.jpg



 過疎化が進む何もない島根県のようだが、万葉集の歌を検証して推測すれば、雄大なロマンを秘めた地であることが分かってきている。



[ 2016/03/19 20:46 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

シロは何処に



 ちょびの天敵で有った『野良シロ』を見かけなくなり、いじめられることは無くなった。 最近よく見かけるのがこの三毛だ・・・
喧嘩することもなく向かい合っているが、三毛のお腹が大きいように見える。 でもちょびとは無関係です!






 様子を見に覗いたら三毛は去っていったが、ちょびは追いかけることもなく行方を見つめていた。


IMG_6241.jpg



 が考えていることは分からないものだ。




[ 2016/03/18 19:41 ] | TB(-) | CM(0)

鳥の名前



 散歩中に見かけたの識別はなかなか分かりにくいものだが、シーズンに向けて整備中のグランドの芝生には日光浴でもしているように、スズメより大きいが餌を探しているように見えた。 






 コンデジのズーム機能とネット検索の便利さで、ツグミの集団と言うことが分かった。


IMG_6291.jpg




[ 2016/03/17 20:45 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

浜田駅前通り



 久しぶりに歩いてみた浜田駅前の様子は、先日の江津駅前の通りと同じく昼時にもかかわらず閑散としていた。 私が働いていた10年以上前にはこんなことは無かったと思うのだが・・・・






IMG_6278.jpg



 過疎化恐るべし!


[ 2016/03/16 20:57 ] 写真日記 | TB(-) | CM(5)

屋根瓦

 

 手空き時間に古い町並みを撮るために神社の石段を上がってみた。 不規則に並んだ家並みと一方通行の狭い道は、裏通りのようになっているが、神社やお寺がありその昔にはメインの通りで賑わっていたことだろう。





DSCF8370.jpg



 閉じた工場のあとには、一足早く桜が見頃になっていた。


DSCF8339.jpg




[ 2016/03/15 22:36 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

人形展その後



 展示会に足を運んで頂いた人たちから、大事に溜めていたであろう様々な端布や生地を譲ってもらったので、休む間もなく補修や新作つくりに精をだしているようです。


 今日も一つ出来上がったので、記録係の出番が来ました。






DSCF8335.jpg



 右と左が違う着物のように見えてしまいます。


DSCF8336 - コピー




[ 2016/03/14 20:42 ] 趣味の創作人形 | TB(-) | CM(2)

少しずつ春の兆しが



 メダカを入れている水連鉢のなかでは コウホネ の赤い新芽が育っていた。


DSCF8329.jpg




 もう終わったと思っていた水仙の場所からは、小ぶりな種類の花が咲いているのに気が付いた・・・







[ 2016/03/13 22:58 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

勿忘草 わすれなぐさ



 まだまだ先のだと思っていたら、早くも一株が咲いていました。 庭のあちこちに種が飛んでいるので今年も沢山のが見られそうです。


DSCF8321 - コピー (2)



[ 2016/03/12 20:53 ] 写真日記 | TB(-) | CM(1)

つかの間の輝き



 この椿は盛りなのに、びらのどこかが痛んだり虫食いがあって撮る気にならなかったけど、ぐずついた天気の中わずかに射した陽の光に照らされたこの赤い色はお気に入りなんです。






 知人の庭ではびらよりも目立っためしべの椿がありました。


IMG_6227.jpg



 椿の種類は、 びらの種類だけでも日本で1000種類もあると載っていました。



[ 2016/03/11 20:12 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

一年前の今日



 ぶり返した寒さと曇り空の為今日の写真は無いので、一年前のアルバムを見たら今日以上の寒さで時化ていたようだ。






 この大根は辛くて食べられなかったことを想いだした。


1503098.jpg




[ 2016/03/10 20:25 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

働き者



 遠目に見たらきれいに耕してあるのかと思ったら、イノシシの仕業のようだ! 鍬で耕しても大変な労力なのに、鼻先でミミズを探すんでしょうかね~





 我が家の庭では椿が次々と咲いているが、強い風の日があるのでほとんどの花が痛んでいる。 傷みのないのは室内のコチョウランと小ぶりながら裏土手にあるローズマリーの花だ。


DSCF8272.jpg



IMG_6119.jpg





[ 2016/03/09 20:24 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

くさ亀



 先日小川の橋の上から見つけたくさ亀は、甲羅の長さが30cmはありそうな大物だった! その話を知人にしたら、次の日に捕まえに行ったそうだが探すときには見つからないものだ。


 爬虫類の類は苦手なので手に持った体験は少ないが、このカメは捕まえた時に臭いにおいを出すので「臭亀」とも書くようだ。






 歩道脇には毎年沢山の実を付ける アンズ の花が開き始めていた。


IMG_6220.jpg




[ 2016/03/08 21:05 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

ホーホケキョ



 声はすれども姿は見えず! 暖かさに浮かれて鶯の下手な鳴き声が聞こえ始めた。 メジロと違って鶯の姿は見つからないものだ。


 知人の庭の馬酔木のはずいぶん前から小さな蕾を付けていたが、可愛らしいが開き始めた・・・








[ 2016/03/07 19:42 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

怪訝な顔で



 散歩に出かけようとしたら、塀の隙間に逃げ込んで距離を置いたちょび!  部屋の中では全幅の信頼を寄せているのに、家の外で声を掛けるとそそくさと離れて行ってしまうんです (-_-;)






急激な気温の上昇で、庭の片隅のヒヤシンスの蕾は開花間近です。


DSCF8302.jpg




[ 2016/03/06 20:06 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

飛行機雲



 ポカポカとした今日は23度まで気温が上がった。 夕方の青いには飛行機雲が三本飛び交っていた・・・


 肉眼では太陽に照らされた白い雲が目につくだけなのに、コンデジ写真を大きくしてみたらこれは4発機






 もう一つは双発機で、機体の腹が緑がかって見えていた。


IMG_6186.jpg



 そしてその先には・・・・・        飛んで火にいる夏の虫!      のようにも。


IMG_6193.jpg





[ 2016/03/05 20:49 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

大蛙



 下から見上げたら奈良の大仏様のような迫力の大ガエル!  知人の作品なので、この場にアップしたことは事後承諾をお願いすることにします。 近頃は無責任な親が起こしたニュースが続いているけど、両腕でやさしく抱かれた子ガエルは「三猿」と同じような仕草をしています。

 作者の意図を聞いたけど、どんな意味だったかは忘れてしまいました (-_-;)








[ 2016/03/04 20:39 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)

二年目のガーデンシクラメン。  シロハラ!



 小さな鉢ながら 初めて昨年の夏を超すことが出来て 今年の付きの良いこと・・・ 運よく夏を越せたけど今年はどうでしょうか!






 昨年まではこの鳥の名前を知らなかったが、何時も足早に庭を横切る姿が忙しそうだ。 でも餌を蒔いてみたらスズメと仲良くついばんでいた。


15031349.jpg






[ 2016/03/03 20:08 ] 写真日記 | TB(-) | CM(1)

味気ない眺めに



 毎年この早咲きの桜を眺めながら散歩していたものだが・・・






 今年は埋め立てられて住宅建設用地になってしまった。


IMG_6093.jpg



 鉢植えのクリスマスローズも 中途半端な株分けをしたので数が少なかったです (-_-;)


DSCF8280_20160302202259286.jpg




[ 2016/03/02 20:28 ] 写真日記 | TB(-) | CM(0)