FC2ブログ

築何年?

柿採りに誘われて出かけた田舎の家は、立派な古民家ではないけれど空き家同然だったものを、少しづつ手入れをされていて、昔の姿を取り戻しつつあった・・・

藁葺屋根は瓦風トタンで覆われているが、今となっては元には戻せないようだが、崩れかけた土壁は当時のままのようだ。

座板は張替え済み・・・

入口には木の戸車が残っていた!


AUTHOR: ちょこ EMAIL: URL: IP: 210.236.12.141 DATE: 10/28/2012 23:14:23 お疲れ様でした。 来春頃までにはもう少し奇麗にするつもりです。 庭には春咲き球根植えました。4月中頃満開予定♪
スポンサーサイト



[ 2012/10/28 23:04 ] | TB(-) | CM(5)

itiさん
立派な古民家でも手を入れる人が居なかったら、傷むばかりですからね~
この家はこうして手を入れる事によって、小さいながらも木の戸車が残っているのが貴重ですね。
たまには故郷の景色を眺めながら、童心に帰るのもいいですよ!
[ 2012/10/31 15:28 ] [ 編集 ]

桃花さん
庄屋みたいな古民家を再生したのはよく見かけるけど、この家のように朽ち果ててしまうわずに、原型を
留めている小さな家も貴重です。
[ 2012/10/31 15:32 ] [ 編集 ]

実家も築百年近くの茅葺きの家を弟の代になって建て替えました~弟嫁は古い食器や飾り箪笥には興味ないらしく…ちょこちょこ頂いてます^^;茅葺き職人さんも少なくなったんでしょうね(@_@)
[ 2012/11/03 16:44 ] [ 編集 ]

ブルーローズさん
茅葺屋根の維持は、材料の確保や職人さんの手配などが難しそうですね。外観を残して内部を改造するにもちょっとやそっとではね~・・・
でも残してほしい景観です!
[ 2012/11/03 22:10 ] [ 編集 ]

ちょこさん
メッセージを見落としていました!
楽しみながら庭や家の手入れをしているようですね。
こんなに綺麗になっているとは思いませんでしたよ!
豪農の古民家とは違った味わいもいいものですね~
[ 2012/11/07 22:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する