ピンピンコロリ

 歳を重ねてくると誰でもが願うことだけど、一人暮らしをしていた義母はまさにその言葉通りの生涯を終えました。我が家に電話が入り、すぐさま救急車の手配をしてわずか二時間あまり・・・ 身内が見守る中で安らかに旅立ちました!




慌ただしい三日間、ちょびは人恋しい思いをしていたようです。

DSCF2501.jpg

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/04/23 20:32 ] | TB(-) | CM(2)

No title

お母様の御霊を慎み心よりお悔み
           申し上げます。

 お寂しくなられましたね。
 急なことでさぞ驚かれたことでしょう。
 どうぞお身体を大事になさって下さいませ。
[ 2014/04/23 22:36 ] [ 編集 ]

Re: No title

 88歳の高齢と余命幾何との宣告を受けていたので、見事な旅立ちに家族一同拍手を送りたい気持ちでした。明るい義母だったので悲しみはあっても賑やかの見送りをしました・・・
[ 2014/04/25 21:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する