FC2ブログ

愛嬌のある顔


 キンカンの葉に付いたアゲハの幼虫だけど、大きくなって来るとそれだけで気持ちが悪いような気がして、じっくりと観察することは少なかったが、真横からよく見れば愛嬌のある顔をしていた。 眼のように見えるのは偽の眼で、本当の眼は下の方に小さな点が六つ付いている・・・    とは知らなかった(-_-;)




関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/10/30 19:54 ] 生き物 | TB(-) | CM(7)

はじめまして

はじめまして
和巳と申します。

本当に愛嬌のある顔ですね。とっても可愛いです。

これからもお写真や文章で、楽しませて下さいね。

パニック障害(神経症)、抑鬱状態の私ですが、良ければ、これからもよろしくお願いします。
[ 2014/10/31 14:02 ] [ 編集 ]

No title

いゃ~っ、やはり気持ちが悪いわ~

綺麗な蝶になるなんて信じられませんね~
[ 2014/10/31 18:01 ] [ 編集 ]

Re: No title

私も気持ちが悪くて、手では触れません(-_-;)
気温が低くなって来たからか、あまり葉をかじらなくて何時まで経っても大きくなりません!
[ 2014/10/31 18:47 ] [ 編集 ]

今は、貴重な蝶です

 ちょびさん、初めまして。

 首都圏では、最近ほとんど見かけなくなったアゲハです。画像の幼虫は4回目の脱皮を終えた五齢幼虫(終齢幼虫)ですが、体に触れるとオレンジ色の臭角を出して悪臭を放ちます。

 私が小学生の頃は、首都圏でもごく普通に見られたアゲハですが、本当に最近は見かけなくなったのです。幼虫時代の餌となる柑橘類の樹木が減ったからなのでしょうか。

 画像の幼虫はまもなく蛹になります。無事に羽化するといいですね。
[ 2014/11/06 08:47 ] [ 編集 ]

Re: 今は、貴重な蝶です

解説有難うございます(^.^)

今まで見たものに比べて、少し小さいようなのでまだ大きくなるのかと思ってましたが
終齢幼虫なんですね・・・  他にもまだ鳥のフンみたいなのが、少しずつ大きくなってますよ(^.^)

朝晩の冷え込みが強くなって来たので、うまく羽化して欲しいですね!
[ 2014/11/06 10:56 ] [ 編集 ]

補足です

 こんにちは。

 念のため、少し調べてみました。やはり、五齢幼虫(終齢幼虫)で画像のような緑色のイモムシとなります。それまでは、ちょびさんの言う「鳥のフンみたい」な体色なのです。

 この「鳥のフンみたいな」体色こそ、鳥の糞に似せた保護色なのです。まあ、昆虫版忍者とでも言ったらいいのでしょうか(笑)。自然界はとても面白いですね。

 そうそう、この時期でもうすぐ蛹になるということは、蛹で越冬する可能性が高いと思います。

 もし、蛹の状態での越冬なら、移動することができません。敵に見つからずに、春を迎えて欲しいものです。
[ 2014/11/06 11:55 ] [ 編集 ]

Re: 補足です

先ほどちょっと突っついてみたら、臭覚を出して威嚇してましたが、収穫障がいの私には匂いまでは分かりませんでした。それとさなぎで冬越しも出来るとのこと安心しました! そのつもりで観察してみます(^.^)
[ 2014/11/06 14:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する