昭和30年前後の故郷

 涼しそうな水撒き風景だが、道路のの右端には掘り返した跡が見えるので、水道が通って消火栓が付いたばかりではないだろうか・・・  それまでは飲み水と言えば甕に井戸水を溜めおいて柄杓で飲んでいたのを覚えている。


 バスやトラックが通るたびに埃が舞い上がるので、溝の水を道路に打ち水していたものだ。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/28 21:09 ] 昔の写真 | TB(-) | CM(2)

豪快な

豪快な放水ですな。
[ 2016/07/24 10:35 ] [ 編集 ]

Re: 豪快な

数少ないバスやトラックが通るたびに
土埃が舞い上がる時代でしたからね~

消防用のホースを使っていたようですね(-_-;)
[ 2016/07/24 23:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する