十年ひと昔


 写真が無いので十年前の今日のアルバムを開いてみたら、この二人の孫は今では高1と中2になり上の子は190Cmに手が届こうとしている。  10年ひと昔とはよく言ったもので、私の頭が薄くなり始めたのは仕方のないことのようだ・・・


50813歩匠庭
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/19 20:07 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

Re: じいちゃんへ

孫もビックリしたとは、 写真は面白いね!
[ 2015/09/10 21:00 ] [ 編集 ]

初めまして

昨日六本木の富士フィルムスクェアで開催されてる「昭和の子供たち」を見てきました。
ま、大正時代のもありましたが、ちょうど田沼武能さんが講演してるときで物凄い混雑してました。
年寄りばかりかと思いきや若い人もかなりいたのは場所柄でしょうが、昔の子供たちとともに当時の時代背景が色濃く描写されてる写真は記録媒体としてだけでなく、スナップ写真としても貴重なものでしょう。
昨今の肖像権や著作権云々で、街角スナップに人が写り込んだのをどう処理するか?
人がいない街かどなど都会でありえないし、人がいてこそ街角。
ま、今は地方が疲弊し東北を代表する弘前駅前など昼でも人が少ない現実を知ってますが・・・
そういう意味において街を撮り続けるのは時代の生き証になるのではと思ってます。
それが我が子や孫ならなんのもんだいもなくとれるでしょうし、近所の子供たちを撮り続けるのもいいでしょう。
木登りしてるなにげないお孫さん二人の顔が微笑んでるのが素敵です。
[ 2015/09/27 13:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する