乙姫様と浦島太郎



 最近の小さい子供たちにはこのような昔話が通じるのだろうか?   東城の旧家に展示してもらっていた人形たちは、無事に我が家に納まったが、タンス一杯の端布の行方は昔話を題材に使われ始めた・・・








関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/04/22 20:50 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

素晴らしい作品です

この乙姫様と浦島太郎の作品は、ちょびさんの奥様の作品でしょうか。
松江のデパートあたりに展示しても堂々たるものですね。
名前は忘れましたがたしか、松本城の殿様が江戸時代に松江城の殿様となり、
江戸末期までつづいたと記憶しております。(たしか堀尾?)
江戸時代には殿様の人事異動が多くありましたものね。
[ 2016/04/23 05:33 ] [ 編集 ]

Re: 素晴らしい作品です

 妻の趣味は昔から布をいじることで、人形つくりは10年前から始めたものです。
一応創作人形と言うことで、手持ちの布に合わせて作るものは韓ドラの主人公であったり
写真や雑誌で見かけたものから想像を働かせて作っています。

 松江城から堀尾の名前が浮かぶとは・・・ 歴史好きなんですかね。
お城を作ったのは堀尾吉晴でその後は何代かお殿様は入れ替わっているようですが
昔は入れ替えが多かったり、呼び名がいくつもあったりするので覚えられません(-_-;)





> この乙姫様と浦島太郎の作品は、ちょびさんの奥様の作品でしょうか。
> 松江のデパートあたりに展示しても堂々たるものですね。
> 名前は忘れましたがたしか、松本城の殿様が江戸時代に松江城の殿様となり、
> 江戸末期までつづいたと記憶しております。(たしか堀尾?)
> 江戸時代には殿様の人事異動が多くありましたものね。
[ 2016/04/23 20:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する