雲州平田(うんすーふらた)木綿街道 



 出雲弁でしゃべったらこうなります! 先日の熊野大社の帰り道に木綿街道へ立ち寄ったが、当日はあいにくの雨の上にお休みの日だったので、街並みは閑散としていた。

DSCF9533.jpg 

木綿街道があると言うことは知っていたが、こんなにも古い町並みが残っていたとは・・・

DSCF9541.jpg 

江戸時代の後期、木綿の集積地として川船が行き来していた平田船川が家の裏に流れていて。

DSCF9551.jpg 

表通りの家の通路から川に通じている作りは昔の名残のようだ!

お店は閉まっていたが、無人でも綿の種が買えるように集金箱が置いてあったので、家に帰って撒いておいたらちゃんと芽が出てきました。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/05/15 21:27 ] 未分類 | TB(-) | CM(5)

いい街並みです

木綿街道ですか。
昔ながらの古風な建物です。
鳥取の倉吉に似てますね。
荷物の運搬にこの川を利用してるのですね。
[ 2016/05/16 05:05 ] [ 編集 ]

追記

私のブログのコメントにも記載しておきましたが・・・
島根県では沖合の竹島の所有権を韓国と・・・
そして島根県では明確に所有権を主張しましたよね。
実は偶然にも私の名前が竹島なのですよ。
それで島根県には頑張ってもらわないとね(笑)。

[ 2016/05/16 05:32 ] [ 編集 ]

こんな風景・・・

ちょび様
川に面している商家は、このように作られているのが多いですね。
昔は、舟が何と言っても輸送手段として重要でしたからね。
[ 2016/05/16 07:02 ] [ 編集 ]

Re: いい街並みです

 私の街にも 「江津本町甍街道」があるんですが、木綿街道のような立派な建物は残ってはいませんね~
倉吉や鳥取城祉などまだ訪れた事が無いので、行きたい候補地に入れています。

 竹島と言う苗字は初めて聞きますよ(^.^) 
子供の頃に李承晩ラインと言う言葉をよく聞いた覚えがあるけど
それ以来領土問題が続いているようですね。

[ 2016/05/16 20:40 ] [ 編集 ]

Re: こんな風景・・・

 川に面した建物と言うのは楽しそうですよね~

 自動車が普及するまでは、馬車や舟が大切な輸送手段だったのでしょうが
山育ちの私には馬車で材木を運搬する光景は記憶に残っています。
でも舟を利用する様子は想像してみるだけですよ。
[ 2016/05/16 20:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する