石見の国 三の宮


昨日はどうせならと浜田市にある三宮(大祭天石門彦神社)にも足を延ばした。 こういう名前は読めないので神社に対する親近感が遠のいてしまうが、オオマツリアメノイワトヒコジンジャと読み祭神は別名 手力男命(タヂカラオノミコト)だとの説明文があった。

DSCF4911.jpg
 
境内は狭くて大きな木も無いので見映えは悪いが、社殿の張り出した屋根は格調の高さを思わせる!

その右隣に配置されているのが足王神社(アシオウジンジャ)読み方を知ってしまうとその由来にも興味が湧くものだ! 大きなわらじが奉納されていたのは、旅の神であり足の病気にも関わりがあるとか・・・

DSCF4906.jpg 


関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/01/04 20:10 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

島根県の

神社の名前は読み方が難しいのが多いですよね。
なにしろ神様の本家が集まっている地域ですもの。
それに比べ我が家の近くにある神社は風間神社です。
簡単でしょ。
なにしろ限界集落に近かずいている地域ですから、神社の名称も単純化が進んでます。
限界集落がさらに進むと消滅集落となるらしいですが
北陸新幹線の駅がありますので、なんとか限界集落でがんばっています。

[ 2017/01/05 07:46 ] [ 編集 ]

Re: まろさん

私の地域でも限界集落ばかりですよ!
自治会だって若い人が居ないから役員が出来ないとか、
他に人が居ないから、役員を降りられないとか・・・

おととい行った三宮さんは、浜田の市内なのに無人の神社で
参拝客の姿も見えませんでした。


[ 2017/01/05 23:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する