日本初の宮 


八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣つくる その八重垣に 

この碑が建つ須我神社は二度目の訪問だった。 須佐之男命が大蛇退治をしたあとこの宮を建てて稲田姫と住んだ場所で、これが日本最初の宮殿でありその時に詠んだ歌が日本最初の和歌とされる。

DSCF6054.jpg  

しめ縄の後ろには神紋として八つの雲が描かれている。

DSCF6044.jpg 

大きな社ではないが、出雲の地名や八雲の地・パワースポットとして人気のある八重垣神社もこの歌が由来のようだ。


DSCF6040.jpg 


関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/03/30 20:37 ] 名所旧跡 | TB(-) | CM(2)

須我神社は

さすがに荘厳な雰囲気がただよいます。
[ 2017/03/31 13:03 ] [ 編集 ]

Re: 須我神社は

ブログには載せていなかったけど、風化した狛犬や
裏山を含めた佇まいや杉の大木などが雰囲気を醸し出していました。

[ 2017/03/31 22:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する