出雲の国一之宮 熊野大社

  
ここも二度目の訪問だが今回は前を流れる『意宇川』の岸辺には、ネコヤナギが咲き誇っていた。

DSCF6070.jpg 

門をくぐると右手にある立派な舞殿が目についた・・・

DSCF6085.jpg 

ここの地名は八雲町と言うだけあって、屋根の上には雲の模様が彫り込まれている。

DSCF6090 - コピー  

お昼時だったので蕎麦の美味しい所を尋ねたら、親切な巫女さんが橋の所まで出て来て教えて頂いた。

DSCF6098_20170331200042c34.jpg 

やはりこの神社も 素戔嗚尊が祭神だ。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/03/31 20:15 ] 名所旧跡 | TB(-) | CM(4)

この神社も

な かなか素晴らしいですね。
八雲町・・・
ネットで場所を捜したのですが、どうも見つかりません。
雲南町はすぐ見つかりましたが・・・
以前に旅行した時に備中松山城址で雲南町の人とお友達になりました。

[ 2017/04/01 07:21 ] [ 編集 ]

素戔嗚尊

あれだれだろう~~スサノオノミコト これは多分間違いないな。
ネットで調べました。 合っていました。脳トレの問題でした。
立派ですね。 
もしかして 小泉八雲と関係があるのかな?ちょと遠いですね。
[ 2017/04/01 18:17 ] [ 編集 ]

Re: この神社も

八雲町は松江市になります!

備中松山城は秋の雲海の時期に行きました
野生の猿が居るのですよね。

[ 2017/04/01 22:25 ] [ 編集 ]

Re: 素戔嗚尊

こういう名前はうろ覚えで自信をもって言えないものですね~

小泉八雲については、一時住んでいた松江市が、
その当時は『出雲の国』であり 
出雲の国の枕詞が 『八雲立つ』であることから
それにちなんだようです。

私も勉強になりました。

[ 2017/04/01 22:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する