中原芳煙 ギャラリートーク


加納美術館の館長である 神 英雄 先生の説明が聞けるとあって、二度の美術館訪問となった。

DSCF8545.jpg 

芳煙の師である川端玉章にも劣らないような絵を若くして描いていたとか、画商との結びつきが無かったのであまり名前が知られていなかった等、作品の背景なども丁寧に解説して頂き素人の私には大変参考になった。

鹿の毛一本一本が丁寧に描き込まれているのも再確認した。

DSCF8548.jpg 

DSCF8531.jpg  


関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/07/01 20:20 ] 写真日記 | TB(-) | CM(2)

初めまして。

真正面の「絵」、風景画? それとも本物の風景? なあんて、
まじまじと見てしまいました。

撮られる写真、どれも素晴らしくて、いつも楽しませていただいております。
また、「一度も笑ったことがない」「だれが何と言おうと我が道を行く」
みたいな味のある愛猫さんにお目にかかりたいです。
[ 2017/07/02 00:55 ] [ 編集 ]

Re: 雨宮清子(ちから姫)さん

コメントを有難うございます。窓の外の景色は田舎ならではのものです。

表情が少ない猫ようでも、それなりに笑わせてもらったり
癒されたりしています。
[ 2017/07/02 21:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する