FC2ブログ

石見の国 松山城跡


地元にある標高145mの場所にある山城跡だ! 南北朝時代に築かれて元就に攻められて落城したとか・・・

当初は案内板なども整備されていたようだが、維持管理も大変そうだ。

石見 松山城 (4)  

合戦が有ったのでこんな立て札も・・・

石見 松山城 (2) 

藪をかき分けて入った先には塚があり、後日訪れた時には線香の跡があった。

石見 松山城 (3) 

古井戸などもあり、探索してみるには興味深い場所だった。

石見 松山城 (1) 



関連記事
スポンサーサイト



[ 2018/02/15 19:52 ] 城址 | TB(-) | CM(4)

鬼気迫るものがありますね。
当地にもありました。国指定の史跡でしたが地元の方が、
「あんなとこ怖くて入れないよ」というくらい不気味でした。
それが20年後に行ってみたら、発掘調査で山は丸裸で拍子抜けするほど明るい。
こう白日の下にさらされると健康的過ぎてつまらないものですね。
武田と徳川の激戦地、諏訪原城といいます。

[ 2018/02/15 22:48 ] [ 編集 ]

妖気ただよう・・・

地元の松山城ですか。
まさにつわものどもの夢のあとですね。
長野の川中島の戦では、6000人の戦死者で
昭和40年頃までは、畑をブルドーザーで整地していたら
骨がゴロゴロ出てきていました。
今は川中島古戦場に6000人の首塚があります。

[ 2018/02/16 06:30 ] [ 編集 ]

Re: 雨宮清子さん

木に覆われて見通しが効かないのも興覚めですが
枝ぶりのいいものはバランスを考えて残して欲しいものですね~

この塚までの道は無くなっていて、こわごわと藪の中を進みました。

そちらの方では大規模な合戦があちこちであったのでしょうね!


[ 2018/02/16 19:28 ] [ 編集 ]

Re: 妖気ただよう・・・

昔は大将の首を討ちとったら、証拠品として持って帰ったりしたようですね~

川中島は標識を見ながら通り過ぎただけでしたが
6000人とは多くの人が亡くなったのですね。

[ 2018/02/16 19:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する